>

自分なりにアレンジをして再度着る

きちんとした教育が受けられるようになる

子供にとって必要なのはきちんとした教育を受ける事です。
しかし、日本や裕福な国にとってはそのような事が当たり前に行われている事が多いのですが、世界にはまだまだきちんとした教育すら受けられない子供達が沢山存在しているのです。
特に、貧困な国や地域の子供達は学校に行く事すら出来ない状態が多いです。

かろうじて、学校に通っていたとしても給食や勉強に必要な道具がない状態がほとんどなのです。
ですが、近年になって日本を始めとする様々な国からいらなくなった洋服を寄付する事で、子供達に必要な教育や給食や医療を支援する活動の資金に生まれ変わり多くの子供達を支援しています。
世界中を見ても一番貧困な国を対象としている事が多く、アフリカ諸国やアジアを中心として支援の手が伸びています。

新しい学校の建設費になります

アジアの国やアフリカ諸国にはまだまだ学校が十分な状態ではない事が多いです。
前の記事でも紹介したように、教育面において様々な支援がされるようになってはきましたが、十分な状態とはほど遠い位にまだまだ支援の手が足りていないのです。
中でも、学校すらない国や地域も貧困な場所においてはとても多い事から、国連を中心とした支援活動が行われているのですが、建設自体がまだ出来ていない状態です。

最近では、日本でもいらなくなった洋服を寄付すると仲介役の会社が買取り、その収益が世界に支援を必要としている子供達の為の学校の建設費になっているそうです。
いらなくなった洋服は着て貰うだけではなく、様々な資金として生まれ変わって多方面から子供達を支えるようになっています。


TOPへ戻る