>

街や地域で開催されるフリマに出品する方法もあり

貧しい地域の子供達に配る

洋服の買い替えで不用になった洋服が日本には沢山溢れています。
それが年間数トンと言う数がゴミとして処理されています。
しかし、近年になって前の記事でも紹介したように、環境保護の一環としていらなくなった洋服や小物を世界の貧しい地域や国に無料で寄付する活動がどんどん増えてきています。

まだまだ、支援の手を必要としている地域や国が沢山あります。
中でも服も買えない貧しい子供達を対象として寄付団体がその場所まで出向き、日本の色んな人から寄付された洋服を配ったりしています。
日本ではゴミとして見ているいらなくなった洋服や小物は、貧しい地域の子供達にとっては贈り物として喜ばれています。
これまで、寄付された洋服の多くは70ヵ国の国に寄付されて多くの人を救っています。

養護施設に寄付する

親が病気や不慮の事故で亡くなってしまったり、経済的にどうしても育てられない為に子供をやむなく養護施設に預けている人達も多く存在しています。
世界にも様々な国に養護施設は存在しています。
中でも、貧困な国の養護施設は常に子供達で満員の状態だそうです。
前の記事でも紹介したように、経済状況が不安定または整っていない事が多く、食料や衣類と行った生活に必要な物が入手しにくい状態です。

日本にある団体ではそんな世界の貧しい国にある養護施設を対象として、様々な支援活動を行っています。
特に、いらなくなった洋服の寄付を沢山行っています。
毎月のようにダンボール箱に沢山のいらなくなった洋服がその団体に送られてきます。
綺麗に洗って、支援が必要な養護施設に順番に毎日のように沢山の洋服を送っています。


TOPへ戻る